2009年04月の記事

散策

先日、市役所に用事があってお邪魔した時に頂いたパンフレット

ちらりとページをめくると・・・

あとは『岡崎観光まちめぐり』という小冊子もあります。

純情きらり手形めぐり 

出演俳優さん達の手形の場所もばっちりご紹介してます。

先日某会議所の用事で下見を兼ねて初めて八丁味噌屋さん2軒を初めて工場見学しました。

それぞれに特徴があって楽しいですよ。

地酒を販売しているまるやさん。チャミスルも直輸入だそうで、度数が高いです。

歩いてみると普段気づかなかった風景が飛び込んできます。

石工団地もマップで紹介されています。(おまけ)

このお休み中に岡崎市内を散策してみると新しい発見があるかもデスよ^^

使い道

メノウです。
以前ご紹介した石のマグネットの材料です。
グラスに入れてお部屋のインテリアにもなります。
使い道は限りなくあると思うんですよ^^
1キロを袋詰めにしてねっとSHOPで発売中です。
磨いた黒玉砂利も2キロから販売中。

土日の2日間で開催された『団吉くん まつり』
初日は雨。
2日目は強風と天候にはいまひとつ恵まれませんでしたが、悪天候のわりには大勢のお客様が石工団地を訪れてくださいました。

ありがとうございました~!

当社オリジナルの墓石資料も数人のお客様に説明しながらお渡しできてよかったデス
何事も小さなことからコツコツとですね^^

雨は上がった

団吉くん まつり2日目

雨も上がりました~!

今日は和蝋燭の材料で作った『アートキャンドル』も限定8個販売しています。
ボンボリのような炎が特徴なんですよ。
癒し系グッズとして好評販売中です^^
グリーン系やオレンジ系なのでそのまま飾っても可愛いですよ

うちの社長の趣味 オオクワガタも販売中

皆さん、遊びに来てくださいね^^

きらり百選

先日、岡崎市観光課が『岡崎観光きらり百選』を発表しました。
産業では石工文化として石工団地も紹介されています。
今日と明日は石工団地では『団吉くん まつり』を開催します。

雨ですが、雨はあめなりの石の良さがでます。
傘をさしながら灯篭を見るもの『心の癒し』になります^^

岡崎といえば『家康公』ゆかりの場所が多く存在します。
大樹寺もその中のひとつですよね。
以前もこちらのブログで紹介させて頂きましたけど、もう少し詳しくご紹介します^^

もともと大樹寺は将軍家の菩提寺でした。
しかし明治維新で将軍家の菩提寺としての財政的基盤を失い、明治政府によって一般寺院と同じ扱いになりました。

大樹寺13世当時、窮地に立った家康は住職を尋ねました。
その当時の住職は源信が著した日本浄土教のバイブ的意味を持つ『往生要集』十章の中に書かれている厭離穢土 欣求浄土についての教えを諭したといわれています。

厭離穢土・・穢れた娑婆世界を厭い離れること
欣求浄土・・極楽浄土に生まれることを願い求めること

自分にとって人生のバイブとなる書に出会うって素晴らしいことなんでしょうね。

団吉君まつり 雨天の中でも来場はボチボチです^^

石のフラワーポット

撮影場所は犬正石材店展示場入り口付近。
もうすぐ石工団地内で開催される『団吉くん祭り』(石まつり)の準備を始めました。

 

以前はチューリップを冬から植え込んでこの時期に間に合うようにしていたのが、数年前に猫にすべてイタズラをされてからすっかりやる気も失せ、最近では間際に少しだけお花を植えることにしました。

もちろん我が家は石屋さん!石のフラワーポットにお花を植えました。今回はマーガレット系の花を植えました^^写真は六方石という石でフラワーポットを作りました。枯れずに育ってくれるといいな。
こんな自然石のポットや水抜き穴が掘ってあるタイプの石のポットもあります。手作りのために微妙に形が異なります。

昨年の秋、石のフラワーポットに植えたローズマリーは今でも元気に育っています。植物や花が育っていく姿を見るのも心が癒されますよね。寒い冬も外で過ごした我が家のローズマリー。水やりだけは気を使いましたが、他は自然任せ。でも、愛情をもって育ててあげれば育つもんですね^^

日々の生活の中に自然に溶け込んでしまうのも石の持つ魅力のひとつだと私は思いますけど、皆さんはどうかな?

マイナスの美しさ

加工には足していく加工と引いていく加工に分かれます。

ご存知岡崎の和蝋燭は足していくプラス加工。

そして当店のように石というのは天然素材を加工するのでマイナス加工となります^^

石も自然の恵みなんですよね

 

墓石も灯篭もマイナスの美しさを表現する仕事だと最近感じています。

石にも石目というものがあるんですよ

今回のデザイン墓石は先日は納骨当日の写真をUPだけ紹介して
本来の完成写真をまだUPしてないよ~!と上司から。

 

今回のお客様のご要望である『デザイン墓石』『墓誌が欲しい』『塔婆立も欲しいかな』
墓誌とは戒名や法名などを記しておく板石のことです。

 

墓地の広さは決まっているので、舞台型の外柵に墓誌を
一体化にするご提案をさせて頂きました。

拝んだ時に正面から故人の戒名や法名を見ることが出来るとお客様も図面をご覧になった時から
大変喜んで頂きました。

お墓は永久の棲家と言われています。

お墓つくりに関われるのはご先祖様から選ばれた者であると某住職は説法でお話になっていました。

すでにお寺様とご縁のある方も無い方もご近所のお寺様のお話を聞いてみると閃きが生まれるかも??

 

桜咲く

合格通知が届きました~!

そうデス!2月に受験したお墓ディレクター2級検定試験。大阪まで日帰りで受験したあの日から合格通知が届くまで長かったな~上司(今回より2代目改め)にも自慢しちゃいました。今日は出勤後、早速名刺を作り直し認定番号も入れて20枚ほど名刺を印刷。

うちの上司、実は1級技能士なんです。
今まであまり皆様にお知らせをする機会がなかったんですが、今回会社のHPをリニューアルしたのでこれからはジャンジャンアピールしていきたいと思っています!
努力して自分で得た資格ですもんね^^
私の次の目標は1級と定めました。
チャレンジ精神だけは忘れずに皆様にお墓のことを分かりやすく安心して任せていただけるお店を
目指してがんばりますよ~

【イベントのお知らせ】

4月25日・26日には岡崎市上佐々木町 石工団地にて『団吉くんまつり』が開催されます。
上司もnikomasa君ブログ管理人の私も自社展示場で皆様のお越しをお待ちしております。

★自社展示場内でのイベント予告★
『石のマグネット』体験コーナーが昨年の河川敷で行われたストーンフェアで大好評でした。
”たのしかった”とのコメントを多数頂きました。ありがとうございます!
そうなればやはり張り切って準備をしなきゃね^^
N谷君のおこちゃまは今も大切にしてくれているかな?

『石のマグネット』を作ってみたい方は有限会社犬正石材店までどうぞ^^

▲このページの上へ