2009年07月の記事

看板娘

こちら我が家の看板娘『うるる』のお子ちゃま時代です。

毎日出勤して、事務所から世間を眺めるのが大好きだったのに・・・

 

今じゃすっかり・・・

家で昼寝三昧!

子供を2匹出産後は自宅で子供とお留守番。

ついでに2代目の愛人気取りでロー●リーの例会の日には帰宅があまり遅いと

妻の私より文句を言う。

今じゃあ我が家の可愛いチーママなのです^^

この可愛い看板娘も9歳になりました。

 

疲れた心をうちの可愛いうるるちゃんで癒してくださいね♪

 

今日という1日に感謝

 

合掌

 

※Brohoo創刊おめでとうございます!!

 例のWANTED  ネタ提供者として女性部の宣伝もさせて頂きます!!

頂き物^^

最近は会社と自宅の往復以外は食事の買い物に行く程度。

たまにはお出かけしようかと思うけど、店番しなきゃ!と日曜日も会社へ

で、久しぶりのお出かけはお付き合いのあるお寺さんのお葬式。

檀家総代さんから連絡を頂いたので夫婦で出掛けた。

 

ん・・・・最近、世間知らずになっているかも???

 

でも、昨日は危なかった!

近所の橋で検問。うちの2代目の携帯が鳴ったけど、私が代わりに出たのでセーフ^^

土曜日は某合同庁舎近くで大規模な検問をしていた様子。

何で渋滞してるのかな??と不思議に思ったら大勢のおまわりさんが居たのです。

 

昨日は長野からお客様がいらした。

庭師さんとそのお知り合いの方。

何でもご先祖様は毛利家とも親しくしていたお武家様の家系だそうです。

それが毛利に追われナント!長野へ流れていったそうです。とても古いお位牌もあるそうで、

あるとき偶然に見た番組で同じものがあるよ!!と驚きさっそくアポを取ってみたら由緒あるお家だとわかったそうです。そこで記念に石であるものを作りたいとお訪ねくださったのです。

『これ!うちの畑で朝収穫してきたトウモロコシです』と1箱頂いた。

 

 

ビールのお供には最高!!

茹でたてのトウモロコシを二人で3本も食べてしまったほど美味しい!!

 

では、本日はトウモロコシについてお勉強しましょう♪

トウモロコシの実の大部分は糖分で、その根元の白いところから発芽します。

実には、ビタミンB1、B2、そしてビタミンEが含まれています。

やる気を起こさせるビタミンB1、発育に効果があるビタミンB2、そして「若返りのビタミン」と呼ばれているビタミンE。

ビタミンEはビタミンの中でも最も強い抗酸化作用を持っていて、血行を良くして冷え性や肩凝り、更年期障害にも効果を発揮します。

牛乳・卵・魚などの動物性食品や豆腐や豆乳などの大豆食品と組み合わせれば栄養価の吸収は抜群。

季節柄、野外バーベキューのつけあわせにも合性ピッタリですね。

そして、忘れてはいけない栄養素がもうひとつ。

それはズバリ「食物繊維」です。

トウモロコシの実の外側の皮はかたい食物繊維でできています。

トウモロコシの食物繊維量は、フキ、セロリよりもダントツに多くて、便秘を改善し、大腸がんの予防に効果的と言われます。総合的に見て、トウモロコシの粒のひとつひとつには、子どもの成長を促し、また若さを取り戻すパワフルな栄養素が詰まっているのです。

若返り効果があると知っては今夜もトウモロコシを食せねば!!

 

今日という1日に感謝

 

合掌

お盆も近いですよ~

毎日なんだか天候もはっきりせず、ジメジメ

夏らしい涼しげなお花をブログを読んでくださる皆様にプレゼントです!

 

今日はお盆も近いですし、お盆休みにはお仏壇やお墓参りをされることでしょう。

現在、宗教にはいろんな種類がありますが、犬塚家はたまたま『浄土真宗』ですので

今回は『浄土真宗』についてお勉強してみましょう。

ご本尊は阿弥陀如来(南無阿弥陀佛) 宗祖は親鸞聖人です。

お仏壇はモチロン西本願寺タイプです。お東とお西の仏壇の違いはご存知でしょうか?

塗りを使用していない仏壇がお西。そう!金ピカなのです^^

ですから無理に素人がお掃除をしないでくださいと仏壇屋さんに言われました。

金箔が剥がれてしまうからです。

ご本尊をお迎えします。中央には阿弥陀如来。左右には親鸞聖人と蓮如上人です。

お寺さんを通じで本山よりお迎えします(お仏壇の大きさによりお値段も違います)

 

親鸞聖人は浄土宗の開祖 法然上人の弟子なので、その教えもほどんど法然の『念仏の教え』を同じです。ただし、親鸞が強調したのは、念仏には『信心』が大切であるということ。

 

日本人の仏教的な死後観の移り変わりをみるのに『浄土教』の歴史、その種類も簡単に説明します。

浄土の教えはすでに聖徳太子の頃あったといわれます。

平安時代になり、伝教大師最澄により中国から 「法華・浄土・禅・律・密教」の教えを伝え、比叡山に浄土教が根付きました。

平安初期は空海が伝えた『密教』ブームでしたが、空也上人により火葬や死者供養をしながら全国を遊行し庶民対象の念仏を広めたといわれてます。

同じ頃、天台中興の祖・良源が浄土教史上の金字塔『往生要集』3巻を著し、のちの浄土教に計り知れない影響を与えました。

 

浄土真宗はお仏壇にお位牌は置きません。法名軸を掛けるのです。お墓にも塔婆供養はしないのです。とってもシンプルなんですよ。

初盆のお供えは『そうめん』でよいと教えて頂きました。

盆提灯も必要ありません。

 

ご先祖様に手を合わせる。これはどんな宗教であれ同じこと。

今日という1日に感謝。

合掌

生粋の岡崎っ子

 

午前中の雨がウソのように午後からは天候も回復。

明日は現場に行けるかな?

 

ねっとshopのブログを書いていたらふと気がついた!!

うちの社長さんは岡崎生まれの岡崎育ち。学校もすべて岡崎市内。

岡崎から出たことないじゃ~ん!!と気がついたんです。

 

2代目が高校生の頃、当時は地方の造園屋さんに灯篭を卸しておりました。

灯篭職人あがりの先代は1代で基盤を築いたのでした。凄い!!

ですから2代目は高校を卒業すると翌日からトラックに荷物を載せて地方の造園屋さんに配達。

家業が忙しいと子供の就職先は親に決定権があるようですね!?

昔の子は親に言われたら従うという純粋な部分もありました。

 

結婚後、私を助手席に乗せて『奈良』『大阪』『滋賀』『金沢』と配達に行ったもんです。

1番遠くまで行ったのは『岡山』今でも帰り道に見た『姫路城』は忘れられません。

思い出と言えば長野の造園さんと石屋さんに配達に行ったときのこと。

帰り道はすでに真っ暗。高速道路までは山間の地道をひたすら走る。

当時は今ほどイルミネーションなんて盛んではありませんでしたが、ちょうどクリスマスシーズン。

ふと山を見上げるとクリスマスツリーのイルミネーション見えました。

山間の澄んだ空気の中、イルミネーションの光がとっても綺麗だった。

今では道路整備もされて長野も近いですが、当時はどのぐらい掛って岡崎まで戻ってきたことか?

 

当時、金沢で食べた回転すし屋の『甘海老』新鮮そのもので、おいしゅうございました^^

 

2代目の同級生も岡崎っ子だわ。

日本料理屋サン・床屋さん・おすし屋さん・リーマン3名

岡崎パワーは今でも健在!!

 

今日とい1日に感謝

合掌

TVでお馴染みの方

今日は講演会のお知らせです。

 

岡崎商工会議所女性部設立20周年記念講演会が

2009年9月17日(木)に行われます。

講師は獨協大学教授・経済アナリストの森永卓郎氏

会場は岡崎市図書館交流プラザLibraホール

入場料:無料(整理券が必要です)

主催は岡崎商工会議所女性部  後援:岡崎市

 

TVでもお見かけするでしょう♪あの方が岡崎にいらっしゃいます^^

 

整理券は8月17日(月)商工会議所 1Fロビーにて整理券を配布します。

 

配布時間はAM10:00-16:00先着200枚(お一人様2枚まで)※なくなり次第終了

 

市制だよりや商工会発行誌でも紹介があると思います。

 

何故紹介してるのか??

私も実行委員会メンバーだからです。

お客様集まるのかしら?ドキドキです。

 

無料でお話が聞ける絶好のチャンスですよ~!

 

 

【ご報告】

石屋さんが作る我が家のお墓

本日、市営霊園犬塚家墓所で『外柵工事』を行っております。

残念ながら初盆には間に合いません。本体がまだ完成していないんです。

完成は秋のお彼岸を予定しております。

 

今日の工事はここまで

 

 

 

 

今日いう1日に感謝

 

合掌

岡崎も暑い!

 

今日の岡崎は暑いです。

昼休みに●HKを見ていたら愛知県岡崎市が午前中時点で最高気温が全国で1番暑かった。

 

この暑い時期は石屋さんは大変忙しいです。

ありがたいことですが、体調管理にも気を使います。

熱中症も心配!

 

石も暑くなりますから墓石工事にはテントも必需品となります。

墓地の気温もぐんぐん上昇していることでしょう。

 

この時期のお墓参りでは花立の中の水もすぐに蒸発してお花もあっという間に枯れてしまいます。

先日も戒名追加彫りの打ち合わせに清洲にある霊園に行きました。

お墓参りをする方で賑わっておりました。

その中でお1人で見えた男性の方がお墓と墓地周辺を綺麗に掃除して、とても丁寧にお経を上げられている姿に感動しました。たぶんお家のお仏壇でも同じようにされているんだろうな・・・

 

 

工場長に『石のベンチを作ってみたら?』と依頼したところ

昨日、石のベンチが完成しました。

高さも2種類あります。総重量は約120kg。

詳しいことは☆☆石のベンチ☆☆をクリックしてごらんください。

 

2個限定販売です!

気になる方はお早めにお問い合わせください^^

今日は元気をもらった!

昨日は商工会女性部7月例会だった。

担当は地域活性化委員会。

講師はこちら↓

(株)DDR 代表取締役 安藤竜二氏

岡崎を元気にしようと異業種集団『サムライ プロジェクト』を発足。

現在経産省より『地域中小企業サポーター』に任命されるなど、幅広くご活躍中。

 

しかし~!昨日の講演会はいつもと勝手が違うようだった。

そうです。お母様をご存知の方が多い。自分のやんちゃな若い頃を知ってる人もいる。

そんな中での講演会。

当日は地元ケーブルTV『ミクス』と中京TVさんも取材に来ておりました。

主役は安藤氏なので、後ろ姿だけ出演しました??どうかな?

 

ブランドとは消費者との約束の証。

でもこれは成功されたごく一部の企業の共通点にすぎない。

 

ブランド作り=話題性で展開

 

自分達がしている事を客観的に見てどんな点が優れているのか。

 

自分達の会社を100文字で説明してみる。これ、結構難しいです。

しかし伝えたい言葉というのは余分な部分をそぎ取り的確に相手へメッセージとして発信する。

 

イメージの連続→名刺・封筒・パンフレット・HP

 

職人は仕事を褒められると本当に嬉しいものです。しかしそれが販売に結びつかない。

この異業種プロジェクトに石屋として参入することは可能か?

 

タイトルの『今日は元気をもらった!』は講演会後、お客様に声を掛けれる言葉だそうです。

私も皆さんを元気に出来るよう石工団地から発信しております^^

 

今回の放送予定はこちら

『ミクス』7月8日 18:00 19:00 22:00   7月9日 7:00 8:00 11:00 12:00 15:30

『中京TV」7月25日 16:25~

 

今日という1日に感謝

 

合掌

歴史は楽しい^^

昨日、おかざき塾(歴史教室)を主宰されている市橋先生を訪ねました。

11月に開催される岡崎商工会議所女性部20周年記念式典で

他女性部の方をお招きして『施設めぐり』を式典の前に行うことに。

 

コースは決まった。

次は見学先のガイド。八丁味噌屋さんは専門ガイドさんがいるので、時間配分だけを打ち合わせすればOK.

じゃあ~大樹寺さんはどうする?

現在のご住職は常に大樹寺さんにはお見えにならないのでお話を伺うのは無理。

観光ボランティアさんにお願いする???

ん・・・悩むな。

そこで救世主現れる!

大樹寺のことなら市橋先生の説明は素晴らしいとお聞きして早速アポ。

 

こちらは『多宝塔』です。

市橋先生は研究の為にこの中に入ったことがあるそうです。

 

山門から見える岡崎城。この山門の2階部分には仏像が納められていて岡崎城に向いて置かれているそうです。

パソコンを使って久能山東照宮から見た大樹寺の方角など、市橋ワールドに引き込まれていきました。

久能山にあるお墓の中には棺を立て、遺体は西向きのするように家康公の遺言でそのように安置されているそうです。まさしくその方角が大樹寺なんです!

 

こんな風に歴史を勉強できたら楽しいですよね^^

話し方が魅力的で耳馴染みの良い声のトーン。人柄が出ている話し方。

人に何かを説明するときには自分も自信をもって話をすることは大切だと感じました。

 

歴史ブームです。漫画本もたくさん出版されています。

この週末は歴史にふれてみませんか?

 

今日という1日に感謝

 

合掌

問い合わせ

会社のHPを公開して数ヶ月。

問い合わせがありました。嬉しいですね^^

 

どうしても一方通行になりやすいと感じるネットの世界ですが、

お問い合わせを頂くと見てくださっているんだな~と嬉しくなります。

トップページに顔出しまでして、スタッフ紹介にも再度顔出しで登場。

私達の顔をお客様が先にご存知ですから、店舗にいらしても待ち合わせをさせて頂いても

お客様には安心感があるかもしれませんね。

 

 

先日展示場のリニューアルをしたので、店舗入り口を広くし2本の旗が出ています。

『耐震墓石』『ローソク・お線香』の旗が目印です^^

↓   ↓ こちらが目印   ↓   ↓

 

nikomasa君ブログ、ほっかランキング5位に登場~!

これも皆様が読んでくださったおかげです。ありがとうございます。

 

『私の前には道がある』

いつも前向きな精神で1日1日を大切に生きて生きたいと思う今日この頃。

今日という1日に感謝

 

合掌

▲このページの上へ