2015年02月の記事

N家基礎工事

墓地は安城市 橋目墓地です

 

基礎工事の様子をご紹介します

 

DSCF6024

必要な部分を残してあとは土を掘り重機を使い

しっかり土を締めます。

 

DSCF6025

見えないところもしっかり、きっちりと仕事をします。

 

DSCF6028

墓地のサイズに合わせて鉄筋を入れていきます。

 

DSCF6029

道具を使い、セメントが敷地内に十分行きわたるようにします。

 

DSCF6030

綺麗にセメントが入りました。

ここからは自然乾燥でしっかり乾かします。

これで基礎工事は終了です。

 

次回は舞台型外柵工事の様子をご紹介します。

M家 基礎工事

M家 墓地は岡崎市営霊園です。

 

では写真で工事の様子をご紹介します。

DSCF5998

まずは基礎打ちです。

土を掘り下げて重機を使ってしっかり固めます。

 

DSCF5999

図面を確認しながら、納骨する部分以外は

墓地のサイズに合わせて基礎用の鉄筋を組んでいきます。

 

DSCF6000

全てコンクリートで固めてしまっては

排水が悪くなるので、ちゃんと水が抜けるようにします。

 

DSCF6002

水抜きや納骨する部分以外は隙間なくコンクリートで固めます。

 

寒い日が続きますので、時間を掛けてじっくり乾燥させます。

 

以上で基礎工事は終了です。

 

次回は外柵工事の様子をご紹介します。

 

安城の橋目墓地でも基礎工事が終了しましたので、こちらも

順次ご紹介いたします。

今日は立春

立春は冬と春の分かれる節目の日である「節分」の翌日で「寒さがあけて春に入る日」いわば春の初日です。

 

暦のうえでは春が近づいているようですが、明日は雨か雪の予報

 

実際はまだまだ春は遠いかな・・・

 

今日の日差しを大切に日向ぼっこでもしてみませんか?

太陽を浴びると体の免疫力がUPするそうです。

 

健康が1番!

 

 

 

今日のありがとう

あなたの笑顔 ありがとう

 

 

 

今日は節分

2月3日 今日は節分です。

 

地域によっては節分を過ぎないと墓石工事など、

土をいじることはしてはいけないという風習があります。

 

同じ三河地域でも西三河と東三河では墓石の

スタイルも少し異なる場合があるんです。

 

今夜は『福はうち 福はうち』だけ心の中で叫んでみようとおもいます。

2月になりました!

春のお彼岸に完成予定の墓石施工予定が

順番にスケジュール表に書き込まれてきました。

 

地味な工場での作業。

 

工場から音が聞こえると安心します。

 

最近では国産墓石の人気が高くて

工場での作業が増えています。

 

施工のスケジュールと並行して行うのが

墓石に彫りこむ文字の打ち合わせです。

 

お客様には必ずお話することがあります。

それはお世話になっているお寺様に一度は

墓石を建てることになった事と文字彫りの相談をしてください。

 

初めての事だらけですから、何事もスムーズに行くことが大切です。

 

お寺様によって反応が色々ですが、あとからこうして欲しかったと

 

言われても後味が悪いです。

 

ならば最初にお聞きして、ご自分の考えもお話すればよいと思います。

 

まずは基礎工事からスタートです。

 

施工の様子は順番にご紹介していきます。

 

 

 

これから新規に墓石をご購入予定の皆様、ご参考になさってください。

 

 

**********************************

2月14日(土) 先代の7回忌法要の為に展示場はお休みさせて頂きます。

 

墓石相談はいつでも行っております。

お気軽にご相談ください。

展示場:岡崎市上佐々木町中切38-8

連絡先:0564-31-2905

土曜・日曜・祝日も営業中

 

今日も元気に営業中!

(有)犬正石材店でした。

 

 

▲このページの上へ